8月のメモ。

楽しみにしていた、東京国立博物館の
縄文展に行ってきました。
Img_1fe660ea2c79e75697dd541a77fbdfa6
トーハクの入り口で、並ばずすんなり入れたのは
はじめてかも。会場内も、見るのが困難なほどの混雑は
していませんでした。

土器も土偶も装飾品も、どれもこれも素晴らしく
ただただ、縄文人の感性にうっとり。
当時の人々は、何が見えて何を感じていたのか
自分も感じてみたいと思いました。
Img_984ed4bf9bea4802539fb835308cd753
(撮影可コーナー)
これでもか!というくらい展示グッズがありました。
私はぐっとこらえて、会場限定ガチャを1回
遮光器土偶のピンバッジをゲットできました。
Img_e41973fac8ebf5b92d734ed2a6ccdf4e
7月のメモ。

浅草行く前に、新宿で下車。
もれなくゴッホのひまわり見ることできる
損保ジャパン日本興亜美術館へ。
気になっていた、巨匠たちのクレパス画展に
行ってきました。

Img_2f01066477c95c74ea2c5557362aed43
150点作品というボリュームで
好きな画家の作品はもちろん、思っていた以上に
内容が良く、勉強になりました。
行ってよかったです。
7月のメモ。

朝から出かけた渋谷での、用事を済ませ
日比谷公園内にある日比谷図書文化館へ。
大正モダーンズ展に行ってきました。

Img_f2603ec659f54df616f3f6f621e95073
杉浦非水と小村雪岱がお目当で行ったのですが
その当時活躍していた方々の作品や印刷物も
いろいろ見れて、大正時代のデザインの概要も
同時に知ること出来ました。

Img_aceee0820948283d3cb48a887cf9b3ff
もれなく頂ける小冊子
6月のメモ。

またもや、府中市美術館に行ってきました。
今回は長谷川利行展。
Img_245dfe57ce3936cba84fda154b596bcb
関東大震災から第二次世界大戦の直前まで
東京を歩き回り、その場で描きまくった長谷川利行。
利行自身の生きざまと、一見反するような生き生きと
明るさ感じる作品を、実際に見ることできてよかったです。
学芸員さんのスライドレクチャーも受けてよかったわ~