8月のメモ。

楽しみにしていた、東京国立博物館の
縄文展に行ってきました。
Img_1fe660ea2c79e75697dd541a77fbdfa6
トーハクの入り口で、並ばずすんなり入れたのは
はじめてかも。会場内も、見るのが困難なほどの混雑は
していませんでした。

土器も土偶も装飾品も、どれもこれも素晴らしく
ただただ、縄文人の感性にうっとり。
当時の人々は、何が見えて何を感じていたのか
自分も感じてみたいと思いました。
Img_984ed4bf9bea4802539fb835308cd753
(撮影可コーナー)
これでもか!というくらい展示グッズがありました。
私はぐっとこらえて、会場限定ガチャを1回
遮光器土偶のピンバッジをゲットできました。
Img_e41973fac8ebf5b92d734ed2a6ccdf4e
7月のメモ。

浅草に行く道すがら、河井寛次郎展へ
パナソニック汐留ミュージアムに行ってきました。
Img_250772c49c819c3d86161f863a901d21
河井寛次郎の作品は、日本民藝館で
陶芸を見たことあるくらいで
ちゃんと見たのは今回がはじめて。

陶芸、木彫、書、調度品、そして私物等も
展示されており、作品のみならず
河井寛次郎の精神世界や人柄にふれることも
出来たのがよかったです。

楽しみにしていた寛次郎みくじは
私のお守り。
Img_5eecf4229055e104344481201486f267
Img_d855981c84d42ac932775cd4ffe71bb3
Img_c91f992072c7ddbb35eb6ef050c271b6
Img_1b93fa494793928417dcd62dccd86f8c
Img_7c9a750968656d37e9e5e9f3cf57ba79
Img_bf3e33261d966f3dbaa397fb013ee26d
7月のメモ。

浅草行く前に、新宿で下車。
もれなくゴッホのひまわり見ることできる
損保ジャパン日本興亜美術館へ。
気になっていた、巨匠たちのクレパス画展に
行ってきました。

Img_2f01066477c95c74ea2c5557362aed43
150点作品というボリュームで
好きな画家の作品はもちろん、思っていた以上に
内容が良く、勉強になりました。
行ってよかったです。
7月のメモ。

朝から出かけた渋谷での、用事を済ませ
日比谷公園内にある日比谷図書文化館へ。
大正モダーンズ展に行ってきました。

Img_f2603ec659f54df616f3f6f621e95073
杉浦非水と小村雪岱がお目当で行ったのですが
その当時活躍していた方々の作品や印刷物も
いろいろ見れて、大正時代のデザインの概要も
同時に知ること出来ました。

Img_aceee0820948283d3cb48a887cf9b3ff
もれなく頂ける小冊子