10月のメモ。

TBSラジオリスナーの私。
ラジオから度々流れる告知CMが
気になりチェックしチケットゲット
行ってきましたマウントフジマキ2018。
Img_59ad69f0e30c58c37b96edf712d381cc
レミオロメンでソロ活動中の藤巻亮太さんが
初めて主催する、故郷山梨の野外音楽フェス。
会場は山中湖畔の富士山を背にした交流プラザきらら。

当日は好天で、昼間は10月はじめとは思えない
夏のような暑さ、日焼け止めを塗っても日に焼けました。

芝生にレジャーシートを敷き、会場後方に出店していた
地元のソーセージや山梨の郷土料理を食べながら
ピクニック気分でのんびりライブを楽しみました。

スタンディングエリアと芝生のシートエリアを
自由に行き来できるよう分けてあったのがナイスアイデア
シートエリアに座ったままでもバッチリ観れました。
Img_0e571045ec445f3ce18b0f1bd1144744
出演者は藤巻さんと親しい方々。
トリケラトプス和田唱さん
フライングキッズ浜崎貴司さん
フジファブリック山内総一郎さん
アルピニスト野口健さん(お歌ではなく談笑)
アジカン(メンバー全員)
宮沢和史さん
という豪華メンバー

コラボも多々あり、アンコールは全員登場と
なんとも贅沢なフェスでした。
Img_5b4c8300d89a0e489517fdd2c115aeb6
好書好日のタブロイド版とグッズのキーホルダー
Img_d319c6d2065f8b5344733dc9a1b5079a
立ち寄った道志村の道の駅でふきのとう味噌と酒饅頭
9月のメモ。

9月初めの東京国立近代美術館
ゴードン・マッタ=クラーク展に行ってきました。
Img_fc66211cdc634aeba90f0ab0eec6fe18
1970年代、ニューヨークを中心に
アート、建築、ストリートカルチャー、フードなど
多くの分野で活躍した先駆的アーティスト
ゴードン・マッタ=クラーク初のアジア回顧展。

この展覧会で、初めてゴードン・マッタ=クラークを
知りました。彼の多岐にわたる表現を、見ること
知ることができてよかった。
自分の知らなさを、どれだけ知るかが知るチャンス!
と思っています。
Img_cb5feadbc4b9537add2178b0047f63ea
Img_43bcfb4575848469fe06d256e3e58fb8
Img_1e40ad05c0864cbff9635404d24eba80
Img_abe87a125741d5962f2edaa7a651064c
Img_57233c6ec782da16c886d210a12fd377
Img_2024d852ca7a07032a06cf54c656294e
Img_84d58be069bb7585dd5f1a607747a21c
8月のメモ。

はしごの目黒から、さらにはしごの池上本門寺へ
初日のSlowLIVEに行ってきました。
Img_eede7b0f653a9cd25ef858ac906eed5a
広い境内の一角にしつらえたステージ。
オープニングアクトはmei ehara
そしてキリンジからのサニーデイ・サービス。

今年は夏らしいこと何もせず、唯一行ったのが
この夏フェス。
街並も、池上本門寺に行くのも初めてだったので
ちょっとした遠足気分にもなり、楽しめました。
Img_4d83ba49513cd92cfc8919c8a75f2dbd
池上名物くず餅を、買ってきたので
翌朝おいしく食べました。
Img_c07738164790d370bfeb0f7bae689ea0
8月のメモ。

目黒区美術館から東京都庭園美術館へ
てくてく目黒をはしご。
ブラジル先住民の椅子展に
行ってきました。
Img_c389638c3f0265a419d784ef452beca2
とにかく可愛くて
素晴らしい~

でも、ブラジルの諸地域に住む
先住民の人々にとっては
遡れば神聖なる儀式に使わる
伝統的な椅子であり
現代においては文化的アイデンティティを
主張するものであり
可愛いだけではないんですよね。

開催当初から
見たいと思っていたので
ようやく行けて、やっぱり行って
よかったです。
Img_49bf45be532ac53fae666c36df5fa43b
Img_deb5ddc047248749dd9508b5d74008cf
Img_d926203ffa40da5bcba68f59713d5e3d
8月のメモ。

目黒区美術館のフィンランド陶芸展に
行ってきました。
Img_2a551d26e3cb125eb99b3a6d141a53c0
日本とフィンランドの外交関係100周年の記念展だそうで
馴染みあるフィンランドのプロダクトな食器、というよりも
フィンランド陶芸の萌芽期から確立、そして絵画的表現の展開と
1950年代までの作品が体系的に展示されていました。